10/9~  橋の下の物語売りたち「第37回井原一樹生誕祭」 
 
橋の下の物語売りたち
「第37回井原一樹生誕祭」

【出演】
井原一樹 他

【作・演出】
井原一樹 他

【あらすじ】
やりたいことをやろう。そう思った井原一樹による井原一樹のための生誕祭です。37回目の誕生日会ということで今まで作った5分ほどの(主に)ソロ作品のオムニバス公演を企画しました。
初日の3回目は疲れているかもしれませんが、ご容赦ください。

【日時】
10月9日
13:00/16:00/19:30

10月10日
13:00/17:00

※各回45分ほどを予定。開場は開演時間の30分前を予定。

【チケット料金】
フリーカンパ制(無料と思って来てください)

【劇場】
東中野バニラスタジオ
東京都中野区東中野1-14-27 MRビル 地下1階
JR中央・総武線「東中野」駅 徒歩5分
丸の内線「中野坂上」駅 徒歩8分
大江戸線「東中野」駅 徒歩8分

 
10/15   
10/26~   
11/5~ 残骸狂詩曲~ZangaiRhapsody~「貴重なメル~PreciousMan~」 
 
残骸狂詩曲~ZangaiRhapsody~
work#4 舞台&映像公演
「貴重なメル~PreciousMan~」
作/演出 あづち 音楽 azoo
上演時間約90分

【ストーリー】
環境異常変化をもたらした地球上にわずかに生き残ったのはフィーメル(fimale/女性)だけだった。
異性との繁殖手段を失った彼女たちは、人類の絶滅を回避するためにオートミクシス(automixis/自家生殖)によって子孫に命をつないだ・・
それから長い時が流れた遠い未来、1000年氷雪層から冷凍保存状態の一体のメル(male/男性)が発掘された。
男という存在や概念が消えた世界で、彼は解凍され貴重なマテリアルとして厳重保存されている。
日々忙しくメルの管理と講義を受ける研究員たち。その講義の最中、ついに目を開くメル。
研究室は興奮の坩堝(るつぼ)と化し、得体の知れない熱情に沸く女たち。
解凍されて以来、筋肉も脳も緩慢で動くことすらままならない男は研究員たちに懸命に話しかけるが・・・。
変わり果てた世界の小さな一室で繰り広げられる物語を、舞台バージョン、映像バージョン両方でお届けします。

【キャスト】
岸 聡子
波多野 光律
新実えみ
ふみゃ
あづち

【スタッフ】
作/演出 あづち
照明 由利優樹
音響 高松祐太
音響オペ 星野つぐみ
音楽 azoo
舞台監督 Kaneco
映像制作協力 二郎三郎
協力 浅木 舞
美術/制作 残骸ラプソディ
総合制作 創造企画S-ANT


【公演スケジュール】
11/5(土) 12:00/15:30
11/6(日) 12:00/15:30
※上記は開演時間です(開場.受付は各30分前)
※開演5分前までにご入場ください
※映像配信期間は11月末~12/31まで
※配信についての詳細は特設サイトを参照ください

【会場】
「東中野バニラスタジオ」
東京都中野区東中野1-14-27 MRビルB1
※JR中央線.総武線「東中野」駅東口 徒歩5分
※東京メトロ丸の内線「中野坂上」駅A1出口 徒歩8分
※都営大江戸線「東中野」駅A1出口 徒歩8分

【チケット料金】
(❶~❸をお選びください)
❶舞台&映像公演前売券➤3500円(予約受付,振込は10/23まで)
❷舞台&映像公演当日精算券及び当日券➤4000円
❸映像のみの配信鑑賞券➤2500円(予約受付,振込は12/23まで)
❶❷に関して
・日時指定/全席自由席/大人子供一律料金
・舞台と映像のセット料金となります
・舞台鑑賞のみのチケットはございません
・後日配信URLを送信します
予約なしで当日券ご希望の方は受付でメールアドレスをお伝えください
・予約満席の場合当日券の発行はありません

【ご予約方法】
各項目を明記の上、下記アドレスまたは各出演者までご予約ください。
・チケット❶or❸ご希望の場合
件名に「メル1」もしくは「メル3」と明記
1)お名前(お振込名でお願いします)
2)ご予約人数
3)取扱希望の出演者名
4)ご希望のお振込先・・①三菱UFJ銀行 ②ゆうちょ銀行
5)メールアドレス(配信URL受信用)
・チケット❷ご希望の場合
件名に「メル2」と明記
1)お名前
2)ご予約人数
3)取扱希望の出演者名
4)メールアドレス(配信URL受信用)

【ご予約/お問合せ】
mail➤zangairhapsody@gmail.com
tel➤090-8744-3486
すべてのお問合せは会場では受け付けておりませんので上記へお願いいたします

【特設サイト】

 
 
 
   
11月8日~13日  カオスエンターテインメント 「とっても楽しい魔女がり」
  カオスエンターテインメント
ヤリたいだけ 8発目
「とっても楽しい魔女がり」

【キャスト】
北川まりも 瀬畠淳 坂野磨美 深沢奈美 
瀬川圭介 松永恵美 小野友花里 
浜田カオス

【スタッフ】
脚本・演出/浜田カオス
照明/高野由美絵  音響/はまだりゅう司  
宣伝美術/し水しんたろう
舞台監督・美術/スプリガンヌ 
照明オペレーション/小池創  
制作/カオスエンターテインメント  

【協力】
9-States まりものま 舞夢プロ ワルモノ見参 
日本ハッピーエンド協会 (順不同・敬称略)

【公演日程】
2022年11月9日(水)~13日(日)

【タイムスケジュール】全9ステージ
 9日(水)19時~
10日(木)15時~/19時~
11日(金)15時~/19時~
12日(土)15時~/19時~
13日(日)13時~/17時~
受付開始・開場は共に開演時間の30分前です

【チケット】
9月17日㈯発売開始
前売3500円 当日4000円(共に税込・全席自由席)
チケットフォーム: https://www.quartet-online.net/ticket/tottemowitch

【劇場】
東中野バニラスタジオ
中野区東中野1-14-27 MRビル B1F

【ストーリー】
現在。
東京のレンタルスペースに、高額の報酬で集められた5人の女たち
主催者は3人の金持ち男。
目的はここで魔女裁判を行い魔女をあぶりだすこと⁉
彼らは彼女たちから「魔法のようなひととき」を体験していた。
「料理」「マッサージ」「演技」「歌声」「癒し」などなど。
これらを「近代社会の魔法」と定義する男たち。

バカげた話だが彼女たちは部屋から出ていかない。お金が欲しいから。
根拠の薄い魔女裁判は決定的証拠がなく平行線をたどる。
そんな中、別の目的を持った人物が潜入している事がわかる。
そしていくつもの疑念が渦巻く魔女裁判中に不思議なことが起こる
本当の魔法が使われている!?

彼らはなぜ魔女裁判を行うのか?彼女たちは何に大金が必要なのか
真の魔女あぶりだす、ワンシチュエーション×ノンストップ×ミステリアス×エンターテインメント!!
「さあ。とっても、とっても楽しい魔女狩りを始めましょう!」
 
 
 
11月18日~20日   
12月8日~11日   
12月17日18日  さんぶんのいち第二回公演『せきらララ』





<<前のページに戻る トップ